bet007足球|比分

                        Global

                        上海財経大学の概要


                        海財経大学は1917年に南京高等師範学校に設置された商業専修科がその前身に当たります。著名な社会活動家、愛国民主主義者楊杏佛氏が商業専修科の初代主任でした。1921年、南京高等師範学校を基礎にした国立東南大学設置計画の実施にともない、商業専修科は拡充?再編成されて上海に移転し、そして国立東南大学の分校上海商科大学として設立されました。これは、中国教育史上における初めての商科大学です。著名な教育者郭秉文氏と経済学者馬寅初氏が、それぞれ学長と教務主任に就任しました。

                        1932年には、国立上海商学院として独立しました。当時の中国では、これが唯一の国立商科系の大学でした。1950年に、上海財政経済学院と改称し、1985年には、上海財経大学と改称しました。2000年、財政部から教育部へと所属が変わり、現在は教育部、財政部、上海市人民政府によって共同運営されています。

                        数世代にわたる関係者の辛苦の創造とたゆまぬ努力により、上海財経大学は経済管理分野を中心にして、経済学、管理学、法学、人文学、数理学などがともに協調し発展する多分野型の重点大学となっています。敷地面積は約55ヘクタールで、三つのキャンパスからなり、そのうち、主要なキャンパスは国定路777号にあります。2016年9月には、専任教員が8,019名で、在学生が21,355名です。在学生のうち、正規生が14,695名います。また、学生の種類から見ますと、学部学生が8,019名、修士課程大学院生が5,914名、博士課程大学院生が1,130名、学歴?学位を目指す留学生が864名です(その他、長期履修生1,159名います)。

                        この百年来、上海財経大学は代々その伝統を受け継ぎ、「厚徳博学、経済匡時」(徳に厚くし、博く学問を求め、経済に益し、時代を支える)という校訓の下で、学問に精励し、進取を求め、我が国の経済や社会の発展のために、財政経済管理などに関する専門的人材を何万人も輩出しています。明確な財政経済分野の特色を有する、世界的に知名度の高い、高水準の研究型大学を目指して努力しています。

                        【青写真】

                        卓越した研究?教育に基づき、明確な財政経済分野の特色を有する、世界的に知名度の高い、高水準の研究型大学となります。

                        【使命】

                        徳を積み人材を育て、国際的な視野と民族的精神を有し、創造力?決断力?組織力に富んだ卓越した財政経済分野の人材を育成します?!秆}合型?外向型?創造型」であることを人材育成の基準として、「素養?知識?能力?体格」において、学生の全面的な発展を促進していきます。

                         真理を探究し、知見の創造と伝播を促進します。多分野の学問、とりわけ財政経済学分野の優位性と専門的特徴を発揮し、基礎研究と応用研究を積極的に展開し、学問の自由を尊び、学問の進歩を推進していきます。

                         時世を扶助し、民を救済し、公共的事業に参加しながら、社会の発展をリードします。我が国や地域における経済と社会の発展に取り組み、先進的な理論?思想?文化を用いて、経済?政治?文化?社会?生態文明の建設に貢献し、思想?人材?情報の蓄積と活用の役割を果たすことに尽力していきます。

                         文化を伝承し、人類文明の進歩を推進します。中華民族の優れた伝統文化の継承?発揚に取り組み、そのほかの国と民族の優秀な文化の成果を学んで、文化の伝承と創造を推進し、社会主義的文化を繁栄させていきます。

                        【理念】

                        社会のために、真実を求め事実を重んじ、徳を積み人材を育て、世を治め国を助けます。

                        【戦略】

                         現代化戦略を堅持します?,F代的大学制度の建設を中核とし、教育観念、教育内容、教育方法、教育管理、教育施設などの現代化の水準を絶えず高めていきます。

                         国際化戦略を堅持します。国際化の建設を通じて、人材育成、科学研究、社会貢献、文化伝承における水準と国際的影響力を絶えず高めていきます。

                         情報化戦略を堅持します?,F代の情報技術を手段として、引き続き情報管理と情報サービスの水準を引き上げ、知識の管理と共有を実現していきます。


                                              Mobile phone

                                              Go abroad

                                              Finance

                                              Buddhism

                                              Technology

                                              Celebrity

                                              education

                                              Real estate

                                              city